ローン遅延は収入に関係なく起きる

住宅ローンを延滞する人といえばどういう人を想像しますか?
年収が低く支払い能力が低い人を想像される方が多いかもしれませんが、実はそうではないのです。

元々、そういう人は審査に通らないですからね。

銀行によっては派遣社員や契約社員の人でも住宅ローンが組めるところもあります。
要は個人の収入に見合ったローンを組むということが重要なのです。

年収が1000万前後のいわゆる高収入の人たちも転職をしたり、部署が変わったりして年収が大幅に下がることがあります。
そうなった時に生活レベルを落とせるかというと、それが難しい。
気づけばローン返済を遅延していたなんてことも少なくないようです。

かえって収入が低い方が緊張感があり、危機管理能力が高いのかもしれません。
住宅ローン遅延は収入には関係なく起きるのです。
そもそも定期昇給をアテにして住宅ローンを組むという安直な考えの人は、住宅購入は止めておくべきですね。

それでも、夢のマイホームという煽り文句に踊らされたい人は、資金ショートによる残債整理のリスクを考えておかなければなりません。
住宅ローン締結と同時に契約する団信があるからというのは、浅ましい過信でしかないのです。

救済されるのは住宅販売会社とローン会社。
契約者本人の残された生活の面倒までは見ないのに気付いているのでしょうか。
ただ家が欲しいという妄想だけでは成り立たないのです。

絶対分譲派と絶対賃貸派

賃貸物件のメリットは、とにかくメンテナンスが楽という点だと思います。
共用部分の電球交換や清掃は業者の方がしてくださるので、煩わしさゼロです。
また、ご近所トラブルになりかけたときなども、当事者同士直接ではなく、間に管理会社の方などが入ってくださるので、そういった点でも安心です。
しかし、やはり永遠に払い続けないといけない家賃というものは、経済的な負担でもあります。
収入がなくなる老後のことを考えると、早めに住宅ローンを組んで一生懸命返済していくのがベストなのかなとも思います。
また、壁に調度品を固定したくても退去時に修復費用がかかると嫌なので出来なかったりするなど、自由にカスタマイズできないのも不便です。

私の友人に、絶対賃貸派という方がいます。
結構高額な家賃を払って都心のステキなマンションに住んでいます。
失礼にならない程度に、老後のことを聞いてみたところ、引退後は同じく都心にある実家に住むのだということでした。
私の実家は遠く離れた辺境の地なので、とても真似できることではなく、なんとも羨ましい限りのお話でした。
逆に、若いうちに早々とマイホームを購入した友人は、まったく逆のパターンで、田舎の親の介護が必要になったら自分のところへ呼び寄せられるように、ということで家を購入したとのことでした。
帰る田舎がある人は、悠々自適に好きなところで好きな部屋を借りて住むのが良いのかもしれませんし、帰る田舎がない人は、早めに家を買って今のところに根を張るという選択肢が良いのかなと思います。

«
»