PCメントのデフラグ

あなたのパソコン、たまには、デフラグをやっていますか?
デフラグをすることで、ハードディスクの速度が速くなったり、寿命が延びたりするのですから、定期的にやっておきましょう。

そもそも、デフラグとは、ハードディスクの中でいろいろなデータを記憶している場所の断片化を解消することです。
本棚を例に挙げると、初めはきれいに並べていた本が、出したり直したり、捨ててしまったりしているうちに、バラバラになってしまった様子を考えてみてください。

本が詰まっているところや、まばらなところがあるのを整理し、きれいに並べなおすと、また新しい本を入れる大きなスペースが確保できます。
このような作業をハードディスク内で行うことがデフラグです。

どのパソコンにもその機能はついています。
デフラグには、長時間かかることもありますので、パソコンを使わない時間帯、例えば夜眠る前に始めるのがいいでしょう。
たったこれだけで、見違えるほどの処理能力が回復することもあります。

イライラするのは回線速度だけでは無かったということも体感出来ることでしょう。
その他にも、パソコンに関するメンテナンス方法はありますし、デフラグも定期的に自動で起動可能なソフトも存在します。

出来るだけ、自動化が出来るものは、自動化させておくことか効率の良さに繋がりますね。
整理整頓はパソコンにも必須です。

パソコンの学習能力について

複雑化するパスワード設定と本人確認のシステムでパソコンやスマホの操作はがんじがらめです

執事や秘書に全てを握られているような感覚。
あらゆるサイトのIDやパスワードを覚えてくれるのはありがたいのですが、クレジットカードの番号などまで記憶するので、最近では少し「怖いな」と思ってしまいます。
その記憶のスピードも俊敏で怖い。次のMacのOSは検索ワードもAIがぐんぐん吸収していくので、私たちの購買運動もAIによって扇動されていくのではないかなの不安に思っています。
パソコン1つで、私たちの個人情報や趣味嗜好、行動までわかってしまい、マイナンバーで危惧されていることは既にネット上で起きているのだなと実感します。
またSNSのアカウントを鍵にしてしまうのも怖い。運営会社の情報漏洩の話も最近よく聞くので、SNSの活用方法も注意が必要だと思います。

AIが学習しない領域を、自分で設定できるようにしてほしい。
便利になるのはいいことですが、機械任せする分、自分が自分のことを把握できていないようなことが起こらないように、一人一人がある程度のコントロールを身につけたり、AIとの付き合い方を考えたりする必要があると思います。
また情報漏洩に関しては、「あり得るもの」と前提し利用者自身がリスクヘッジしてコンテンツを利用していく必要性があると思います。
SNSのアカウントを鍵にすることに関しては、とても便利な機能ですが、簡単でもいいパスワードを1つ追加するなど、もう1つ扉を設けてほしいです。
ドラえもんとのびたくんのように、機械と人間が上手に付き合っていけるようになればいいなと思います。

«