掃除道具

若いころ、何気なく見ていた主婦タレントのオリジナル掃除道具。
最近になって、記憶を手繰り寄せて真似して作ってみました。
かゆいところに手が届くとはこのことです。

ホント、結構高い専用の掃除道具を買わなくても、家の一番掃除したい、例えば窓の桟だったり、壁と床の隙間ボコリだったりの汚れが、それはもう劇落ちするのだから、びっくりです。

材料も家にある惜しくない程度のもので出来ますし、何より汚れが落ちると、主婦はテンション上がるんですよね(笑)。

うちの掃除機がボロなのに加えて、目がとんでもなく悪い私が家中隅々まで掃除機をかけました、と言っても、必ず汚れが残っているんです。

小さな掃除道具で家中ゴミを拾ってまわる時間と根性はないですが、毎日細かく掃除して回るポイントを決めておけば、小スペースだけならピカピカにしてやろう、という気になります。

今日のノルマはテレビの周り。
夜、テレビを見るときに一人で満足そうな顔をして、旦那に突っ込まれるぐらい、頑張ります。

計画的な掃除

今年の私の目標は家の掃除をきちんと計画を立てて行うことです。
普段の掃除はだいたいやってるんですが、水回りだったり、コンロまわりや普段こまめにしていないので、掃除に時間がかかってしまうので、曜日を決めて毎週すれば汚れもたまらないのできれいな状態が保てるのではないかと挑戦中です。

決めてやらないと、ここいつ掃除したかな・・・ということになりかねないので。
子どももそれぞれ大きくなり、それぞれの予定を出てきたので今年はファミリーカレンダーを用意しました。
その、カレンダーの一番下にその曜日にしないといけないこと「ゴミ捨て」などかけるスペースがあって。
そこを利用して、月曜、水曜、金曜は洗面台周り。火曜、木曜、土曜、日曜はトイレ掃除。
水曜はコンロまわり等記入しておけば、自分でも忘れることがないし、書いてるとやらないといけない気になるかなと。
いつまで続くかわかりませんが、出来るだけ決まったパターンを作れば掃除も流れで出来るような。
私の目標に加えて子ども達にもお手伝いを1つづつ決めてやってもあうことに。
長男・次男は協力して配膳・下膳。
三男は靴を並べるなんですが、今のところ一番頑張っているのが三男、その次が次男、長男はめんどくさいようでなかなか自主的にはしてくれず。
それぞれの性格がでていておもしろいです。
そういう私も、なかなか書いた通りに掃除がすすんでなくて子どもたちに強く言えないのですが。
家族そろって、計画を守っていけるように頑張っていきたいです。

«